リンスインシャンプーについて

リンスインシャンプーは、良い物です。
一度でツヤツヤの髪に変身します。
以前はシャンプーとリンスを分けて使用していましたが、とても不便なのです。
時間もかかるし、水道代も高くなるのです。
リンスが入っていると時間短縮と水の量も一回で済むので良いのです。
最近ではこのシャンプーが流行りです。
スーパーでもこのシャンプーが売れています。
価格的にも経済的にも同じですので、良いです。
リンスと分けると適量がその時によって変化しますので、なんかべたつくのです。
一緒になった商品だとほど良い量になっていますので、便利なのです。
べたつき感もなく良い感じに仕上がるのです。
子供も面倒な事から解放されて良くなったと言っています。
リンスと同じメーカーと揃えるのが大変なのです。
たまたま安いのを買いますので、メーカーが揃わない時もあり、髪質がいまいち決まらないのです。
その点、この二つが入った商品だと同じメーカーですので、良いのです。
なくなればいつも使用しているメーカーと違っても同じシャンプーとリンスだから良いのです。
髪質には、とても良いのです。
子供が無駄使いしなくなりました。
ほど良いのです。
洗い上がりがさっぱりとしているのです。
シャンプーやリンスには少なからず油の成分が入っている。
髪のつや感を出すために必要なのだが、リンスインシャンプーの場合は理由は定かではないが、より多めの油分が入っていると聞いたことがある。
以前働いていた健康食品の会社では、健康にまつわるものをいろいろと取り扱っていた。
もちろん化粧品やシャンプーもあり、そのシャンプーはちょっと市販のものにはない特殊なものであった。
油分を一切使っていないので、頭皮にとてもやさしいのだ。
言葉の説明ではなかなか信用されないので、お客さんの前で実験を繰り返した。
2つのアルコールランプを用意し火をつけ、その上におたまに注いだシャンプーをかざす。
すると油分の含まれた市販のものは発火する。
そして会社のものは全く変化がないという結果だ。
百聞は一見にしかずというようにそのシャンプーは飛ぶように売れた。
やはり割高なのだが、良さが伝わったのだろう。
私も何度も実験を目の前で見て、十分に怖さも良さもわかったはずなのに、旅行なんかの時はついつい便利さに負けて使ってしまう。
しかし家では、こだわりの自然派シャンプーだ。
また髪を洗うのは2日に1回くらいが良いそうだ。
頭皮に休息を与えるらしい。
自然派シャンプーは値段も高いので調度いい。