リンスインシャンプーと言えば・・

リンスインシャンプーと聞いて思い出すのは20年位前の話ですが某有名女優さんが「チャン・リン・シャン」とつぶやく某大手会社のコマーシャルです。
当時のちょっとした流行語になりましたし今でもその女優さんを象徴する言葉になっています。
最近の若い方はご存じないかもしれません。
たしかちゃんとリンスしてくれるシャンプーという意味の略だったと思うのですが・・髪についた汚れを洗い落とす為のシャンプーと髪にうるおいを与える為のリンスがひとつになるなんて、と当時はものすごく話題になった事を思い出します。
そしてその頃朝にシャンプーをする朝シャンという言葉もそれと前後して流行っていたような気がします。
ただでさえ忙しい朝にシャンプーをするなんて、1分でも無駄にしたくない。
そんな時に1つでも手間を省けるリンスインシャンプーはとても便利に決まっていました。
私も当時は今とは違って朝シャン派でしたのでたしか使っていたと記憶しています。
まさに現代でいうところの「時短商品」の先がけだったのではないでしょうか?そういえばすっかり最近ではそのシャンプーを見かけなくなったのですが、それでも他メーカーの似たような商品を見かけると懐かしくあのコマーシャルと眠いのに頑張って早起きしてシャンプーしていた事を思い出します。
リンスインシャンプーってよくホテルとか、スポーツジムとかにありますよね。
私、実はリンスインシャンプーが大好きなんです。
なんといったって、楽!本当に楽だからです。
何度も洗い流さなくてよいし、お手軽だから大好きです。
ひとつ、リンスインシャンプーについての思い出があるんですよ。
それは、高校生の頃の部活動。
私はバレー部だったのですが、その最終学年での合宿所でリンスインシャンプーがありました。
私たちの練習は本当にハード。
あさ6時から走って、ただひたすら汗をかいて、雑巾をもって床を掃除し、基礎練習ばかりに追われました。
食事の時間も、トレーニングの一部。
あり得ないくらいの量で、食べきれなく涙を流しながらみんなで全部食べていました。
それでも一番幸せだったのが、皆でお風呂に入る時間。
その時だけは練習の辛さを忘れてみんなで楽しく入るんです。
そのときに、リンスインシャンプーを使って皆で髪の毛をあらいっこしたのがとっても良い思い出なのです。
もしかしたら合宿中で、唯一の楽しかった思い出かもしれません。
そんなわけで私は人一倍これに思い入れがあるのかもしれません。
今でもホテルやスポーツジムで使うたびに甘酸っぱい思いが蘇ります。